山口県下関市の相続手続なら

代襲相続 孫への相続

孫が代襲相続人となる場合

 本来、子供が生存していれば相続人となるはずでしたが、子供の方が先に亡くなっているため、被相続人のお孫さんが子供に代わって相続人となります。これを、代襲相続と言います。孫さんを代襲相続人と呼びます。

 

 下記の様な場合、本来の相続人は、配偶者、長女、長男、次男ですが、次男が被相続人より先に亡くなっているため、次男の子供(被相続人から見て孫)が代襲相続人となります。

 代襲相続人の相続分は、次男の相続分になります。よって、この場合、各相続人と相続分は下記のようになります。

相続人

相続分

配偶者

 

1/2

長女

 

1/6

長男

 

1/6

孫1

 

1/12

孫2

 

1/12




山口県下関市の相続手続はお任せください。
〒750-0002 山口県下関市宮田町1-7-10
TEL:083-250-5162 FAX:083-250-5163
ライト行政書士事務所 行政書士 清水信夫
日本行政書士連合会 登録番号08350546
山口県行政書士会   会員番号1198