山口県下関市の相続手続なら

預貯金の解約手続

金融機関での相続手続

 亡くなった方の預貯金の口座は、金融機関が死亡の事実を知った時点で凍結されます。凍結されれば、一切、入金・出金、解約などができなくなります。このような場合、名義変更または、解約の手続が必要です。一般的に下記の書類が必要になります。

必要書類

ワンポイント

遺言書

遺言書に預貯金を誰に相続させるか書いてあるに提出します。

遺産分割協議書

遺言書がない場合に遺産分割協議書を作成します。誰が預貯金を相続したかわかる内容のものが必要です。

被相続人の戸籍謄本

亡くなった方の出生から死亡までの全ての戸籍が必要です。両親、兄弟姉妹の戸籍も必要になる場合があります。

相続人の戸籍謄本

すべての相続人の戸籍謄本が必要です。発行から3か月以内のものに限ります。

 印鑑証明書

遺産分割協議書に押印した実印の印鑑証明書が必要です。発行から3か月以内のものに限ります。

実印

遺産分割協議書に押印します。金融機関へ手続に行く際に、持参すると良いでしょう。

身分証明書

手続に行く人の運転免許証などの身分証明書が必要です。

金融機関により必要書類や手続の方法が異なりますので、事前に確認されることをお勧めします。




山口県下関市の相続手続はお任せください。
〒750-0002 山口県下関市宮田町1-7-10
TEL:083-250-5162 FAX:083-250-5163
ライト行政書士事務所 行政書士 清水信夫
日本行政書士連合会 登録番号08350546
山口県行政書士会   会員番号1198